2019年3月21日木曜日

関西から沖縄への旅の始まり2019春・京都散策・大阪南港への旅

2019/3/3 日曜日

午後6時。新横浜まで来ました。▼

退屈な新幹線の中での楽しみはコレですね。早速頂きます。▼
 

午後8時。京都に到着。▼

雨の滴る奈良線205系です。▼

117系電車はまだ健在です。▼

駅も車両も燻し銀。▼
  

京都駅の展望台に登ります。もう春ですね。▼

ここに登ったのは初めて。京都の夜景が一望できます。▼

今日の旅のシメはラーメンです。▼

2019/3/4 月曜日

小雨がぱらつく京都の朝です。▼

地下鉄東西線で蹴上駅まで来ました。▼
 

蹴上インクライン。 ここは琵琶湖からの水を京都市街に流す琵琶湖疏水の一部です。落差のある水路は船が下れないので船はインクラインの鉄路を進みます。▼

ここでは船は波ではなく枕木に揺られます。▼

蹴上インクラインを下り京都市街にでました。さらに市内を散策しましょう。▼

地下鉄と嵐電を乗り継いで嵐山に来ました。蹴上インクラインは誰もいませんでしたが、こちらは外国人ばかり。▼

苺大福団子を食べます。でも、落としそうです。▼

嵐電に乗って京都駅方面に向かいます。▼

京都駅からは東海道線。お腹が空いたので高槻で小休止。▼

定番の店で昼食。エビフライのボリュームが凄い!▼

大阪に到着しましたが、雨は降っていないので御堂筋に行くのは止めました。▼

電車で行ける桜島。新幹線で鹿児島まで行く必要はありません。▼

「桜島」ですから当然ここから船に乗ります。もちろん201系電車はいつの間にか323系電車に置き換わっていたことも忘れてはなりません。▼

駅から少し歩くと巨大物体が見えてきました。▼

 目の前に現れたのはダイアモンドプリンセス。これからの船旅への期待が高まります。▼

さあ、”豪華客船”に乗船です。▼
 

対岸の天保山渡船場に到着。”豪華客船”大阪市営渡船「海桜」の旅を満喫しました。▼

”豪華客船”の後は天保山登頂に成功です。▼

日本一低い山よりお船見しましたが、海面と対して変わりません。▼

というわけで天保山大観覧車に乗車。男なら観覧車などひとりで乗るのが当たり前。多人数で乗る男は二流です。▼

ダイアモンドプリンセスのデッキがどうなっているか分かりました。この船は横浜で何度か見ていますが、上空からしかも間近で見るのは初めてです。▼

もう直ぐ出航です。ダイアモンドプリンセスの次の寄港地は那覇。大阪南港から沖縄まで優雅な船旅のはじまりはじまり。▼

観覧車を降り大阪南港ATC・コスモフェリーターミナルへ到着。▼

 別府行き「さんふらわああいぼり」が停泊しています。▼

男なら鹿児島など船で行くのが当たり前。新幹線を使う男は二流です。▼

フェリーさんふらわあ「さんふらわあさつま」乗船記に続きます。

2019年2月25日月曜日

秋田→新潟:新日本海フェリー「らいらっく」乗船記(2回目)

2019/1/6 日曜日

おはようございます。土崎のホテルの窓から見た秋田港です。▼

今日は朝から船に乗ります。この港から乗るのは初めてです。▼

苫小牧東港からの新日本海フェリー「らいらっく」に乗船します。この船に乗ったのは3年前の冬以来です。▼

船内は新年の装いです。▼

デッキに出ました。2年前は仮設だったクルーズ線用の秋田港駅のホームも立派になっていました。これに投資するに相当な需要が見込まれているようです。▼

秋田港を出航しました。新潟まで「ヒルネ」乗船です。▼

1時間ほど昼寝してデッキに上がったら外は晴れていました。▼

飛島が良く見えます。▼

船室はたった1室となったツーリストJ。「ヒルネ」便で昼寝続行。▼

昼食はカツカレー。▼

粟島を通過。あと2時間ほどで新潟です。▼

まもなく新潟港に入港です。山の下みなとタワーには海外譲渡の武蔵野線205系が並んでいます。▼

新潟フェリーターミナルに到着。▼

徒歩10分で山の下みなとタワーに到着。ここに来るのは去年の8月以来です。▼

我らが武蔵野線205系がズラリと並んでいます。▼

 「ジャカルタ」行きの方向幕がついています。▼

展望台に上りました。佐渡汽船の「あかね」が見えます。▼

もう帰ろうとしたら今度は「らいらっく」が出航。そういえば今日は週一度の敦賀便のある日でした。▼

大体満足したので末広橋から帰りましょう。▼

ここから大宮までは新幹線で一直線です。▼

武蔵野線で府中本町に到着。土崎にある秋田総合車両センターで中央・総武緩行線仕様から改造されてやって来たE231系が増えてきました。奥に見えるまだ現役の205系が新潟港に行くのも時間の問題です。 ▼

 冬の東北・北海道6日間の旅はこれで終わりです。