2021年10月10日日曜日

多摩湖・狭山湖散策

2020/7/4 土曜日(昨年の出来事です。)

西武遊園地まで来ました。▼

昭和の香りが漂う遊園地は臨時閉園でした(今年の春に「昭和レトロ調」にリニューアルされたそうですが、この時は「リアル昭和レトロ」でした。)。▼

♪庭さきゃ多摩湖〜 狭山茶どころ情けが熱い〜 そうです、ここは東村山です。▼

湖の向こうには奥多摩の山々が見えます(この年の10月に行った奥多摩・御嶽山・日の出山縦走記はこちら)。▼

ここに来たのは30年ぶり。神奈川県民になってからはすっかり足が遠のいていました。▼

西武山口線レオライナーに乗ります。実は初めて乗ります。▼

前面展望。子供の頃遊園地を訪れた際に、この路線に蒸気機関車が走っているのは見ましたが、いつか乗りたいと思っているうちに40年が経過してしまいました。▼

ちょうど試合が始まった西武ドーム。店もやっておらず辺りには人もいないのに、球場から音だけが聞こえるという不思議な状態でした。▼

狭山湖に来ました。ここに来るのはもう40数年ぶり。湖の周辺にはトトロの森が広がります。▼

日没しました。取水塔にも燈が灯ました。▼

日没後の残照も綺麗です。▼

多摩湖・狭山湖散策はこれで終わりです。

2021年8月9日月曜日

東京湾フェリーで房総半島へ上陸・今シーズン2回目の鋸山(標高329m)登頂記

 2021/07/25 日曜日

京急川崎まで来ました。パタパタと変わる出発案内板は健在です。▼

京急久里浜に到着。▼


久里浜港より東京湾フェリー「かなや丸」に乗ります。▼


先月のしらはま丸に続き二枚目の御船印ゲットです。絵葉書は夏バージョン以外に冬バージョンも購入。

直射日光が降り注ぐデッキですが、洋上は風が涼しいです。


ゴージャスな室内の「かなや丸」。この部分が好きです。


鋸山が見えて来ました。

エメラルドグリーンの金谷港に入港。▼

13:00発の上総湊行きのバス。このバスは一日3本しかありません。上総湊散策も今後の課題です。▼

フェリーターミナル内の食堂「波留菜亭」でアジカツ卵とじ定食を頂きます。▼


食事をしているうちに僚船の「しらはま丸」が入港です。▼


南国気分たっぷりな千葉フォルニアです。

今日は国道127号沿いに散策します。いきなりこんなトンネルです。車が来ないうちにとっとと通り過ぎます。

トンネルを抜けたら実は歩行者用の側道がありました。


内房線の橋梁。ちょうど電車が通りすぎたところでした。


島戸倉隧道まで来ました。道の半分が私有地で、入口の半分は蓋で覆われています。▼

私有地を避けてきちんと公道を進みます。▼


金谷は今まで何度も訪れているのに未知との遭遇は続きます。

金谷の集落に戻って来ました。


鋸山美術館に入るのも初めてです。

美術館で涼んだら、今月も先月と同様に鋸山を目指します。

でも、今月はチートしてロープウェイで登ります。▼

山頂駅から保田方面を望みます。まだこちら側には行ったことはありません。▼

日本寺に入場して「十州一覧台」まで登りました。▼

金谷の街と浦賀水道が一望できます。▼

「地獄覗き」まで来ました。上空はそよ風が吹いていますがやはり暑いです。▼

地獄覗きの先端。ここに来るのは9年振り(前回はこちら)。▼

切通しの間を進みます。▼

百尺観音まで来ました。ここは初めてです。

日本寺北門を抜けて登山道で下山します。

長い階段を降ります。▼

一か月ぶりに石切場に来ました。

今回はもう一つの登山道の車力道で下山します。

木立の間を進む車力道。この道を台車で石を降ろしたと言います。

ねこ車で80kgの石3本を一日3回運んでいたそうです。▼

2年前の台風の影響で倒木が多いところがあります。▼

無事下山しました。金谷のアスファルトの上は蟹さんが歩いていました。▼

千葉フォルニアの夕陽。

鋸山もオレンジ色に染まっています。▼

フェリーの時間まで腹ごしらえ。下りでも山道は疲れました。

不思議な空の色の夕暮れ。

日没しました。茜色の空をバックに久里浜行きしらはま丸最終便が到着。久里浜に帰ります。

東京湾フェリーで房総半島へ上陸・今シーズン2回目の鋸山(標高329m)登頂記は
これで終わりです。